Top page  1/6
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08
2017

Online Portfolio

Executive Summary

The scent, the chase, the thrill - When law confronts culture the chase is truly on, two sides, divided, but what happens when law is made to be broken?

The Hunt is a documentary that focuses on the struggles that the hunting act has had on enforcing the law. The documentary will use mixed media in order to explore this subject in a non-biased way, informing the viewer of the truth behind the Hunting Act of 2004, using Fox Hunting as the main case study. The project will take place across the United Kingdom and branches into Ireland where fox hunting is still legal. We believe that the hunting act has been misrepresented and in the mist of the upcoming debate it is essential, regardless of the outcome for us to present the real stories, real opinions, and real facts. We are in contact with companies and charities such as the Countryside Alliance whom will give us access to hunts, interviewees and possible funding.

We will complete this project by utilizing our diverse production team who are passionate and dedicated about producing a successful documentary. The production draws inspiration from the direction of “The Whale Bowl”, for its creative use of animation. Sound design of the BBC’s 360 soundscape of “Planet Earth 2”, and the naturalistic cinematography style of Louis Theroux’s “Dark States”, whilst specifically using the RED EPIC-W with the features it offers as a documentary camera. This brings the combination of fictional animation and real-life documentary together in the edit to create a new form of engagement for our audience.

At our current stage of production, we have draft script and are currently in the primary research phase of pre-production. To further our crowdfunding campaign, we are now focusing on our online presence with Twitter, Facebook, Instagram and website. Access being limited, it has been essential to form relationships with the hunters and Countryside Alliance, as this allows us to gain access to the hunt locations that they will source for us. Once confirmed, in mid-January we will be traveling to Surrey to do a location recce for one of the hunt locations. We expect to commence production in late January/early February as this is middle of the hunting season and will offer more opportunities with both hunts and weather feasibility.

To enhance efficiency of our documentary, we will be focusing on various ethical, financial and accessibility issues, which have grown over the course of the production. We aim to successfully remedy these aspects by drawing on the neutral style of Fredrick Wiseman’s films “Deaf” and “Basic Training”. As well as the sense of controversy seen within Molly Diheems’ “The Lie of the Land” and Louis Theroux’s “Americas Most Hated Family”.

The distribution and marketing of our documentary will take advantage of online platforms created throughout the duration of the production, these elements will be crucial to market the documentary to a broad demographic. The documentary will be advertised using multiple platforms such as Vimeo and a vast range of films festivals, to which a portion of the budget has been set aside for marketing and submission fees.

Introduction

In documentaries, production designers have to work with what is available, but it is possible to create a sense of space with existing features by focusing on details. As a production designer of the film, I have researched different uses of the medium in documentaries and the history behind the hunt, which will be of benefit for creating the world of the film. By carrying out secondary researches by going to museums to find references for traditional hunting and styles of documentaries, I have planned ways to represent hunters and saboteurs in a visual way. The guest lecture by an assistant art director Liam Georgensen on December 5th also gave me an insight on how the production design department plays a role in the industry and the hierarchy of it in terms of contributing the creation of the world of a film.

Overall, there are three main things I have considered at the pre-production stage; controlling the overall look of the film, researching the ways hunting has been viewed and how we might use archive material, and encouraging a neutral perspective. Although some these objectives are difficult to achieve, it is vital to consider how these would contribute to the narrative.

Controlling the look of the film

Production designers are responsible for the overall look of the film or creating a world within a film along with directors and cinematographers. They work with most departments in film production including such as lighting department. As a part of my responsibility, I engaged with the early stage of establishing the brand of the film, where I faced difficulty tailoring the brand to the continuously changing concepts of the film.

Branding the film is one of the key elements in marketing, and as a production designer who helps to create visual element of the film, I was involved in the process of visual branding, although plans have changed in the course of the production. As we were discussing the use of animation in the beginning, I have made sketches of foxes in different styles.
IMG_3524.jpg
IMG_3527.jpg
IMG_3523.jpg

The idea of creating a crest for the logo as a part of branding emerged, and I developed the initial sketch.
logo the hunt aligned
logo the hunt alignedandcoloured
This would have given the notion of traditional approach to the film, which would be linked to the hunters. Also, we concluded to use realistic drawings of foxes for animation using watercolour to create a sense of authenticity to generate a genuine argument on fox hunting. Then, our concept for the branding shifted from traditional to modern, “clean” design. This includes design styles such as double exposure and low polygon graphics. I have created a low poly logo
キャプチャ
,but this was replaced by another logo (Then the group started using another logo that combines a fox and a hunting dog). Although I left the group, I will continue to provide materials that will be used in the animated part of the documentary.

The style of branding influences the look of the film and vice versa, and in this case, the use of traditional logo may have led to a “biased” image of the film as that reminds us of the hunters that keep their traditions. Therefore, it is vital to establish a brand that reflects the image of the overall narrative. This is related to the ways hunting has been viewed and stereotypes that are attached to it, which affects the neutrality of the documentary.

In interviews and documentaries, production designers often have to work with what is existent on the set, instead of creating the whole visual world from the beginning. However, it is possible to derive atmosphere from what is available. The space in a location or a set is the production designer’s responsibility. A play "Labour of Love" written by James Graham and designed by Lee Newby, inspired me with what we can create using everyday object such as office desks and labour posters in a confined space to create mood for different situations.
25bb27_ed714ea68c1442fd98144ef977536465~mv2_d_6508_4339_s_4_2
25bb27_5a84604332a849eb86b7526daa79b2f8~mv2_d_6592_4395_s_4_2
25bb27_157bbd7049d0460d95a4c6aa75dfa3c5~mv2_d_6000_4000_s_4_2
Also, the production design of "Manchester by the Sea", depicting everyday life of a white working class man, gave me an insight on how we can create a believable world of ordinary people.
thumbnail_25264.jpg
3B93F17800000578-0-image-a-2_1482412807708.jpg
Manchester-03.jpg
In addition to these, first part of a film "The Death of Stalin" takes place in Stalin's office room. The film is based on a graphic novel of the same title, but the film derives more humour by the blocking of characters, such as moving Stalin's body from the floor to a bed by politicians surrounding them. In here, an everyday environment creates drama and humour. This is obvious when we compare stills from the film with the graphic novel, which depicts the narrative in a dramatic way.
ressources-2017-05-05_tdos_d06_3162_ks4amd.jpg
197013_1115239_3.jpg

As we were discussing to interview one member of each side sitting together in one room, which may not have been gone the way we wanted, I was planning to place them in a room with traditional interior such as bookshelf and a lamp, and on a red sofa which indicates the dominance of a hunter. However, this setting may not be effective as it can create unexpected response from both sides, so it may be beneficial to interview representatives from both sides in different settings.

“The Death of Stalin” was also useful when considering how to use animation. Options I have considered include showing different views of the fox as natural predator, vermin or character in children’s literature. Another possibility is to include a ‘mock interview’ of fox, chicken and dog, which all participate in the controversy but have no voice.

Researching the ways hunting has been viewed

As a part of the research, I went to several museums including Tate Britain, The Wallace Collection and Victoria and Albert Museum for visual inspiration of traditional hunting, and to obtain the sense of history. Also, documentaries and footages that are exhibited at Imperial War Museum London, National Museum of Royal Navy in Portsmouth and Royal Air Force Museum provided an insight on the use of archive footage and visual resources with interviews.

Paintings such as Henry Thomas Alken's "The Belvoir Hunt: The Meet" in Tate Britain depicts the aristocrats going to the hunt in the early 19th century.
T02352_10.jpg
"Dead Hare and Dog" by Jan Weenix in Wallace Collection reflects a sense of achievement in hunting through a still image of a game. The sense of prestige was often connected to traditional view of hunting.
eMuseumPlus.jpg


On the other hand, images of saboteurs are linked to sensational headings of news reports, protest marches and balaclavas. The beginning of the film is currently dedicated to a montage showing both sides in visuals and audio. I have created a mood board of hunters to aid the visual development of the film which may relate to the use of montage.
mood board
Interviews displayed in museums listed above contained mixed media approach, combining visuals of archive footage with interview audio. In some sections, only the audio of interviews of people who experienced incidents can be heard, which makes visitors stop and listed to it as they imagine sceneries or people speaking by them.

Maintaining Neutrality

Analysing the script is essential for planning the production design for a film. A production designer can look within the script for prompts of the story. The period where the narrative takes place, locations and sets, characters and their development, and possible visual metaphors need to be considered at this stage. Then, a shooting script is made stating where the cameras are pointing at in relation to props and costumes needed. In the documentary following a hunt, the use of a colour red can be considered, which reflects the colour of traditional hunting coat to make a colour code of the film. The writer of the film struggled to maintain a neutral perspective in this subject, and aiming to create a non-biased documentary seemed difficult, which led to the structure of the film to be unclear.

It is a difficult task to make such a documentary neutral. Both sides need to be sympathised with by the audience, or problems of both sides need to be addressed so that the audience can make their conclusion. Considering that it may not be beneficial to have representatives from both sides in one room that are argued in the first part of this report, what can be done with the documentary is to start from setting up a contrast, such as interviewing hunters outside with traditional uniforms, cars and horses, and saboteurs in interior situation with placards to show them in their own "home ground". Also, the voice over can be in contrast to the visuals (e.g. Saboteurs arguing the meaning of the hunt while hunting dogs run cheerfully). Farmers and Countryside Alliance can speak in support of maintaining the countryside and natural vermin controls, hunt protestors can talk about animal cruelty and alternative methods.

We can also differentiate two groups with colour scheme or peripheral actions such as how they sit down or how they talk. By depicting each group as they are, we can leave the conclusion to the audience by creating a genuine argument. A German Documentary film "Our Daily Bread" depicts how what we consume is produced in a neutral, almost cold-hearted manner, which leaves questions to be drawn by the audience.
odb4.jpg
Through interviews and the use of mixed materials including archive footages and animations, we can show how each side has been demonized and how both sides have a rational argument to make, leaving the audience to have further understanding on hunting and how legislation interferes with it.

Conclusion

Although the group had faced some difficulty in maintaining continuity of the overall look and finding ways to represent both sides neutrally, the pre-production stage was meaningful for the planning of the film. These objectives and challenges interact with each other, and researching creates a possible solution to the difficulty. As a production designer, I have learned ways to progress by focusing on details and learning from different mediums to achieve visual unity of the film.

Bibliography

Our Daily Bread. (2005). [film] Directed by N. Geyrhalter. Germany.
Graphic Designer: Fabian Geyrhalter
The Death of Stalin. (2017). [film] Directed by A. Iannuchi. UK.
Production Designer: Cristina Casali
Art Director: Jane Brodie, David Hindle
Manchester by the Sea. (2016). [film] Directed by K. Lonergan. USA: Studiocanal.
Production Designer: Ruth De Jong
Art Director: Jourdan Henderson
Thomas Alken, H. (1830). The Belvoir Hunt: The Meet. [Oil on canvas] London: Tate Britain.
Weenix, J. (1717). Hare and Dog. [Oil on canvas] London: The Wallace Collection.
The Stage. (2017). Designer Lee Newby: 'Labour of Love is my first West End show, it's my breakthrough' | Interviews | The Stage. [online] Available at: https://www.thestage.co.uk/features/interviews/2017/designer-lee-newby-labour-love-first-west-end-show-breakthrough/
Nury, F., Robin, T. and Aureyre, L. (n.d.). The death of Stalin.
Lee Newby. (2017). Lee Newby. [online] Available at: https://www.leenewby.com/
23
2017

Free Fire Q&A上映会レポ

CATEGORY和訳関連
最後の更新が3月です!うける!あれから早い夏休みに入ったので気分はだいぶマシになりましたが、身内の不幸があったりしてバタバタでした。3月31日(イギリスでの『フリーファイアー』公開日)に行われたベン・ウィートリー監督のQ&A付き上映会に行ったレポートを書こうと思って1ヶ月以上が経った。まあちょうど日本でも公開したし。いいか。

秋に行われたEMPIRE主催の映画イベントの一環、『ハイ・ライズ』上映&フリーファイアーの映像チラ見せ付きのQ&Aセッションのレポはこちら

『ハイ・ライズ』公開時も同様のことをしていたそうですが、今回、監督はサム・ライリーなどキャストを連れたり連れなかったりしながらイギリス全土の映画館を回ってQ&Aツアーをしていました。最終日は監督の地元ブライトン。今回はロンドンでも一番規模が大きいんじゃないかな?というPicturehouse Centralでの上映会に参加しました。チケットは発売後に予約購入→メールで届く感じ。

ピクチャーハウスはいわゆるミニシアター系・アートハウス系の映画館チェーンで、各映画館ごとに異なる建物や内装が楽しめます。アートハウス系といえど、ちゃんとブロックバスターもやってくれるのでメンバーに入るとけっこうお得(マーベル映画はだいたい貸切状態だし、観客のマナーがいいので観やすい)。客のスノッブな会話に耐えられればな!!
Picturehouse Centralはジャパンセンターのあるピカデリー・サーカス駅を上がってすぐのところにあり、数年前に同じく映画館チェーンOdeonの建物だったものを改装してオープン。LFF(ロンドン国際映画祭)のときはメイン会場になってました。荘厳な雰囲気。内装も隅々までこだわってます。

20170523235444c64.jpg

ピカデリーサーカス駅からすぐ。車に轢かれないように

20170523235446d00.jpg

iPhoneクオリティで勘弁

201705232354467d9.jpg


監督のツイッターを見ると、Tシャツやバッジが貰えるのはQ&Aで質問した人だけ?!ということだったので貰えるかなーとソワソワしながら向かいました。今回はフォロワーさんと一緒に行けたんですが、私はLFFのプレス&学生向け上映、クロージングナイトの幸運で観て以来の3回目なのだった。何回見ても笑えるしドキドキします。

監督はシニカルなコメントをするのが常なので、日本向けのプロモーション動画をみた時は「わー!珍しくまともなことを言ってる!」と感動したんですが、この日もステージに入ってくるやいなや「Q&Aだけど、良い質問はTシャツ、クソみたいな質問は缶バッジがもらえるよ。で、最初の質問は絶対『Tシャツくれますか?』になるだろうから、それは禁止な。あと、何を質問するか考えながら映画観るなよ。90分だから途中で立ってトイレ行く必要もないよね。じゃ!」みたいな感じで会場を湧かせてから壇上から去って行きました。今回の上映会にはマーティン役のBabou Ceesayも参加。ポップコーンもらって普通に客席に座ってました。

20170523235635f03.jpg

この横でクリスとオードを応援するモブおじさんになりきって写真を撮りました

20170523235636c9b.jpg

で、実際のQ&A。ネタバレあるので鑑賞後にどうぞ

>『ハイ・ライズ』でも70年代を舞台にしていましたが、なぜ今回もこの時代なのか?

監督「僕は70年代に生まれ育ったからね。画面にフレアをかけるのが好きだしね!それに携帯電話がない。もしこの作品中に携帯電話があれば、この映画はすぐ終わるよな。で、キャラクターがインスタグラムとかするんだよ。『この傷見ろよ!』みたいな」

>一つのロケーション(室内のシーンは全てブライトンにある倉庫で撮影された)で撮影するのはどんな感じでした?

「良かったよ!『ハイ・ライズ』は沢山ストーリーボードが必要だったんだよ。continuity(整合性、辻褄が合うかどうか)をキープするのが難しかったからね。でも今回は、時系列順に撮影できた。普通の映画では『テレポート』が起きやすい。でも、本当はキャラクターが場所を移動したのを、観客がちゃんと認識できないといけないんだ」

>配役について。セットにいるのはどんな感じでした?(ここでblocking=人物の配置について質問しようとしていたワイ、焦る)

「(同席の)バブウ(カタカナ表記が不明なのでとりあえずこれで…)はだいたい常に地べたに寝転んでたからね。人物の配置をプランしてる最中、『バブウ、君はどこにいるんだっけ?あ、君は寝てるんだったな』みたいな感じになった。だいたいの間はダミー人形を置いていて、そいつにはマイケル・スマイリー(フランク役)の顔がついてた。見るたびにビビったよ」

なんでそんなもん付けるんだよwww

>室内での撮影が多かったんでしょうね。

「疲弊したよ。時系列順に撮ったから、撮影が進むにつれてみんなの服がどんどんボロボロになっていった。(監督はブライトン在住なので)僕が移動したい距離っていうのは限られてるから、ブライトンでの撮影は都合が良かったわけだよ」

Picturehouseにはキャラクターの服が飾られてました。匂いは嗅がなかった。
201705232358156f8.jpg

20170523235816f51.jpg

20170523235816a90.jpg


>サウンド・デザインについて

「銃声っていうのは大きく聞こえる。作中の音は、実際よりも静かなくらいだよ。まあ、これがマジなら今頃みんな血まみれで死んでるしね」

>キャラクターのその後について

「クリスは生き延びて、ジャスティーンと80年代に出会うかもね」

>今回の脚本・編集を共にこなした、パートナーでもあるエイミー・ジャンプについて

「エイミーが全部大変な部分の仕事をするんだよ。僕らがティーンエイジャーだった頃以来ずっとそんな感じだ。
カップルの共同作業って、『ハハハダーリン、僕の書いたものを見てくれ』『キャーステキ!ここにちょっと付け加えたらいいんじゃない?』ってイメージだけど、全然違う。
今回も僕が最初の下書きを書いたまま数ヶ月放置していて、それをエイミーに見せたら『ハァ…(溜息)』って感じの反応で、『私が直すから』って籠もってこれを書き上げたんだ。僕の初稿はシリアスなもので、何人かのキャラクターが銃で撃たれてゆっくり死んでいくものだったんだ。彼女は『こんなもの見せられたら、みんな立ち上がって出て行くよ』って言って、ウィットに富んだ面白い脚本を書き上げた」

>作品の軽いトーンは編集からくるものか、脚本から来るものか?

「何か一つの要素ってことはない。『ハウルの動く城』のちっちゃい火を維持するみたいな感じで、そのトーンをキープするために、脚本でも編集でも努力しないといけないんだ」

>製作のマーティン・スコセッシについて

「13か14の時に『タクシー・ドライバー』を観ていなければ今の自分はないからね。もっとも、彼が製作として携わったのは少しの部分だけど」

>インスピレーション源になった映画は?

監督「昔、たまたま映画館に行って観たのが『死霊のはらわた2」だったんだ。そのせいで、遺伝子レベルで僕の脳は作り変えられたね。あとは『トムとジェリー』の追いかけっことか、ハロルド・ロイドのコメディ映画とか」
バブウ「特にこの映画を見ろ、とか見るべき映画について話すことはなかったよ」

>サウンドトラックについて

「この作品中の曲は全部僕が好きなものなんだ。皮肉とか、そういうのは全くないよ。ジョン・デンバーも僕が好んで聴いていて、『車の中に血まみれの男がいて、その車がこの曲に合わせてぐるぐる回っている』っていう視覚的なアイデアが昔からあったんだよね。
銃声や環境音があるから、サウンド・デザインのメインは選曲に集中している。フリージャズのレコードを買って、映画と合わせてみたりした。正統派の作曲とは違うよね。70年代のジャズは、クレイジーなシンコペーションやインストゥルメンタルの曲が多い。ジャズ界の人々はファンクを演奏するように仕向けられたんだ」

>セットについて

「ストーリーボードはセットを見るまでは正確すぎなくてもいい。ストーリーをビジュアル化するのにマインクラフトも使ったよ。爆発する部分とか。マインクラフトでは小さい木の棚みたいなのがあって、そこにキャラクターは隠れられるけど、実際はそんなものないからね」

>どうやって必要なショットを撮ったのか?

「被写界深度が浅いショットは、だいたいハンドヘルドで撮ったんだ。どうやって正確なショットを撮るか?撮影監督に対してめちゃくちゃ威圧的になればいいんだよ(笑)5、6のカメラを同時に使った。隠しカメラとか、トラッキングカメラとか。ロケーションは広かったから、複数のカメラでの撮影が可能だったんだ」

>セットでの危険について

「まず、銃を絶対に人に向けないことが必要だった。撮影者は盾を持ってたよ」

(ここで手を挙げ続けた甲斐があって当ててもらえました。やったね!マイクを持って客席の間を周回するスタッフさんに、マイクとTシャツを同時に渡される)

20170523235902d1a.jpg

201705232359045ac.jpg

>ワイ「人物の配置について、難しかったことは?」

「人が多いから、みんながバンの周りで口論してる時に配置するのは難しかった。シーンごとにマップを描き直して、生きてるキャラクターを認識するために缶バッジを作ったよ(笑)」

アミハマには最後のほうまで生存者バッジが付けられていた可能性…!?

>撮影スケジュールについて

「6週間と短かったけど、ハリウッド式に撮影したら、今頃まだ撮影してるだろうね」

>なぜ監督の作品にはasshole=嫌な奴が多いのか?

「愛すべき連中だと思うけどね?(I think they're sweet!と言ってました)でも、僕らは基本的に、みんな嫌な奴だと思うよ。感じの悪いキャラクターだとリアルに見える。全てのキャラクターは矛盾をはらんでいるからね。
もし、このストーリーで全てが上手くいって、キャラクターがその後バーに行くだけの映画だったら、ジム・ジャームッシュの映画みたいになるかもね」

それはそれで観たい。

>人物の背景=backstoryは?

「確かにあると思うけど、彼らにもし背景があったとしても、全てが無に帰るからね。(1分先のことがモノを言うストーリーの中ではもはや意味がない)
反・バックストーリー的な作品でもあるよね。『俺があそこに這って行けば、あと5分生きられるかも』っていうね」

>ありがとうございました。

「映画の撮影は疲れたよ」

このスケジュールを全ての映画館でこなしたの、凄いな?!キャラクターの造形についての話が面白いですね。次作にも期待(「カニと戦うSFアクションだよ!意味わからないでしょ!」と宣伝していた)。
09
2017

Car Seat HeadrestのFill In The Blankを和訳してみた

CATEGORY歌詞対訳
いやー鬱が悪化してやばい!「何もしたくねえ!生きていたくねえけど死にたくもねえ!」という無限ループを繰り返してますね!SSRIの効きが悪くなったのか(1月頃まではある程度効いてたので)?11月頃からNHSの認知行動療法(CBT)もやってますが、なかなか難しいですね。なんなんだ。

それはそうと、以前Drunk Drivers/Killer Whalesという曲の和訳をしたバンドですが (こちら)、どの曲も歌詞が意味深というか、うまく言葉にしてくれていてありがたい。
20170309211506257.jpeg

アルバム「Teens Of Denial」の一曲目、Fill In The Blank。インディペンデント系中心の音楽サイトPitchforkのBest New Trackに挙げられた時にも、「フロントマンのWill Toledoは大学で英語(国語みたいなものか)を専攻した。どんな作品であっても、最初の部分がそのトーンを定義し、物語を紹介し、オーディエンスの注意を引くことを理解しているはずだ」とのレビューが。ドライな皮肉が沁みる。
動画はこちら
歌詞の通りに穴埋め式のリリックになってるのがじわじわ笑える。


I'm so sick of "Fill In The Blank"
Accomplish more, accomplish nothing
If I were split in two, I would just take my fist
So I could beat up the rest of me

空白を埋めるのに辟易してるんだ
もっと努力しろとか、何も達成するなとか
自分を二つに分けられたら、拳だけを取るね
他の部分をボコボコに殴れるように

You have no right to be depressed,
You haven't tried hard enough to like it
Haven't seen enough of this world yet
But it hurts, it hurts, it hurts, it hurts
Well, stop your whining, try again
No one wants to cause you pain
They're just trying to let some air in
But you hold your breath, you hold your breath
You hold it, hold my breath
I hold my breath
I hold it

お前に鬱になる権利はない、
物事を好きになる努力を充分にしてないだけなんだ
この世界の全てを見たわけじゃないんだ
(でも苦しくて痛くて辛いんだ)
まあ、泣き言はやめにして、もう一度努力してみなよ
誰もお前に迷惑かけたいわけじゃないんだ
ちょっと空気を入れ換えようとしてるだけなのに
お前は息を止めて、息を止めている
僕は息を止める

I've known for a long time I'm not getting what I want out of people
It took me a long time
To figure out I don't know what I want
That's why will be no answer
Then you'll ask for how long? And there will be no answer
Then you'll ask what can I do? And there will be no answer
And eventually you will shut up

長い間、僕は他人から望むものを受け取れていないことを知っている
実際には僕は自分が望むものが何か分かってないことに気づくまで、長いことかかった
そのせいで答えが返ってこないわけだ
そして「どれくらい?」と訊いても、答えは返ってこない
それから「どうすればいい?」と訊いても、答えは返ってこない
だから、やがて黙る羽目になる

You have no right to be depressed,
Haven't seen enough of this world yet
But it hurts, it hurts, it hurts, it hurts
Well, stop your whining, try again
No one wants to cause you pain
They're just trying to let some air in
But you hold your breath, you hold your breath
You hold it, hold my breath I hold my breath I hold it

お前に鬱になる権利はない、
物事を好きになる努力を充分にしてないだけなんだ
この世界の全てを見たわけじゃないんだ
(でも苦しくて痛くて辛いんだ)
まあ、泣き言はやめにして、もう一度努力してみなよ
誰もお前に迷惑かけたいわけじゃないんだ
ちょっと空気を入れ換えようとしてるだけなのに
お前は息を止めて、息を止めている
僕は息を止める

I get signs from the cops
Saying "Stand the fuck down"
I get signs from the audience
Saying "Stay the fuck out"
I get signs from all
Saying "Stand the fuck down"

僕は警察から「身を引け」と札をもらう
オーディエンスから「身を引け」と札を掲げられる
誰もが「身を引け」と指示してくる

I've got a right to be depressed,
I've given up all I had to fight it
I have seen too much of this world, yes
And it hurts, it hurts, it hurts, it hurts
And I will start to see the light
That I've seen shining in your eyes
You just want to see me naked
So I'll hold my breath I hold my breath,
I hold it
Hold my breath I hold my breath,
I hold my breath,
I hold my breath,
I hold my breath,
I hold my breath

僕は鬱になる権利がある、
それと闘うために全てを諦めたんだ
この世界の全てを見すぎたんだ、そうさ
そして苦しくて痛くてつらい
やがて僕は光を見るようになる
君の瞳の中に見た光を
君は裸の僕を見たいだけなんだ
だから僕は息を止めう、息を止める


途中のEventually you will shut upのくだりのyouはまた一般のyouですね。

Pitchforkは「この曲の最後は信じられないかもしれないが、Car Seat Headrestは信用できる」と書いてますが、ここも色々解釈できる。ありのままの自分を見られたい、とかそういう。あるいは自分で自分の新しい部分を発見するというか、解離して自分の中に希望を見出すとかいう解釈もできる……まあ歌詞の解釈は好き勝手すればいいんですけどね。こないだまでオアシスのMorning Gloryの主人公の「剃刀を持ったまま鏡に釘付けになっている」っていう歌詞は自殺しようと思案してるんだと思い込んでましたね。8年間経ってやっとドラッグの話というのを知ったけど、まあ自由に考えればいいじゃんね。それが生きる助けになるならね。
24
2017

Car Set HeadrestのDrunk Drivers/Killer Whalesを和訳してみた

CATEGORY歌詞対訳
Bandcampやインターネットベースで知名度を上げて2016年にTeens of Denialというフルアルバムを出したというCar Seat Headrestというローファイバンド、日本でラジオで流れてきた時にイントロから良いな〜と思ってたらIt doesn't have to be like thisというコーラスでこの曲の虜になりました。歌詞をググると色々気になる感じだったので、メモ程度に訳してみる。ほんとメモ状態なので機械翻訳かよ、という箇所(drunk driversとkiller whalesの連呼をどう訳せば?)は無視してください。

201702241503371c9.jpg


歌詞動画はこちら

英語のitって抽象的すぎて訳しにくいことが多い。It doesn't have to be like thisって過去形じゃないところに希望を感じる。

youっていう二人称は恐らく一般的なものなので、「君」というよりは「僕」も含めた一般論のことかと思う。
この場合の頭の中の声っていうのは理性、あるいはまともであろうとする自分のことなのか。自動思考じゃなかった。

In the backseat of my heart
My love tells me I'm a mess
I couldn't get the car to start
I left my keys somewhere in the mess

僕の心の中の後部座席で
恋人は僕がめちゃくちゃな人間だと言う
僕は車を出すことが出来ない
鍵を散らかった場所のどこかに置いてきてしまった

It comes and goes in plateaus
One month later, I'm a fucking pro
My parents would be proud
Or fall asleep on the floor
Forget what happened in the morning
There are notes in your handwriting
But you can't make it out

平坦状態を行ったり来たりするから
一カ月後には僕は慣れ切ってしまう
僕の親は誇りに思うだろう
それとも床で眠ってしまうかも、朝に起こったことは忘れて
自分の手書きしたメモが残っているけど
それを書き上げることはできない

We are not a proud race
It's not a race at all
We're just trying
I'm only trying to get home
Drunk drivers, drunk drivers
This is not a good thing
I don't mean to rationalize
Or try and explain it away
It's not okay
Drunk drivers, drunk drivers

僕らは誇りに思えたような人種(生物における種類?)じゃない
そもそも人種ですらない
僕らは、僕はただ家に帰ろうとしているだけ
酔っ払い運転者たち
これはいいことじゃない
合理化しようとしたり、説明しようとしてるわけじゃない
これは大丈夫じゃない
酔っ払い運転者たち

It's too late to articulate it
That empty feeling
You share the same fate as the people you hate
You build yourself up against others' feelings
And it left you feeling empty as a car coasting downhill
I have become such a negative person
It was all just an act
It was all so easily stripped away

あの空虚な気持ちを言葉にするには遅すぎる
自分の嫌いな人たちと運命を分かち合っていること
他人の感情に反抗しながら自分を作り上げる
それは下り坂を滑降する車みたいに僕らを空っぽな気分にする
僕はこんなにネガティヴな人間になってしまった
ただの見せかけだったのに
全てが簡単に露わになってしまった

But if we learn how to live like this
Maybe we can learn how to start again
Like a child who's never done wrong
Who hasn't taken that first step

でも、もし僕らがこんな風に生きることを学べたら
また一から始めることを学べるかもしれない
最初の一歩をまだ踏み出していないから、間違えたことがない子供みたいに

We are not a proud race
It's not a race at all
We're just trying
I'm only trying to get home
Drunk drivers, drunk drivers
Put it out of your mind
And perish the thought
There's no comfort in responsibility
Drunk drivers, drunk drivers

僕らは誇りに思えたような人種じゃない
そもそも人種ですらない
僕らは、僕はただ家に帰ろうとしているだけ
酔っ払い運転者たち
そのことをもう考えないようにして
その思考を終わらせるんだ
義務の中では安らげることなんかない
酔っ払い運転者たち

It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
Killer whales, killer whales
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
Killer whales, killer whales

こんな風じゃなくてもいいんだ
こんな風じゃなくてもいいんだ
シャチ達よ
こんな風じゃなくてもいいんだ

Here's that voice in your head
Giving you shit again
But you know he loves you
And he doesn't mean to cause you pain
Please listen to him
It's not too late
Turn off the engine
Get out of the car
And start to walk

頭の中に声がして
またクソみたいな気分になる
でも彼(=自分の中の声)が自分を愛してるのは知っているんだ
それに彼は君を苦しめたいわけじゃないんだ
まだ遅くない
エンジンを切って
車から出て
歩き始めるんだ

Drunk drivers
Drunk drivers
Drunk drivers
Drunk drivers

It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
Killer whales, killer whales
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
Killer whales, killer whales


My loveで恋人、愛しい人、という意味
Come and goは文字通り行き来する
plateauは学習における平坦地(上がりも下がりもしない状態)
06
2017

Rio CinemaでManchester By The Seaを観たよ


【近況】

ブログの最終更新が火鍋で終わってます。火鍋かよおい!!!しょうもねえなおい!!!あれからロンドン国際映画祭で見た映画の感想とか書こうかなーと思ったんですが、鬱が悪化してGP(かかりつけ医)に登録して人生初の抗鬱剤もらったりCBT(認知行動療法)のカウンセリング受け始めたり、テレビショーの課題の監督やったりまた引越したり、色々あってブログは二の次になってました。今は新居でだいぶ落ち着いてますが、ちゃらんぽらんロンドンの新作は、あの……オタク活動をしたいので……ぼちぼちやります…

【Rio Cinemaについて】

20170206074823af7.jpeg20170206074816871.jpeg
昼も夜もオツな外見。
ロンドンで最も優れた映画館の一つによく挙げられる。1915年オープンで当時はKingsland Empire Cinemaという名前だったそうです。アールデコ全盛期にオデオンの創業者と組んで、ロンドンの映画館建築を手がけたGeorge Colesという建築家が生誕地Dalstonに建てたもの。店員さんも気さくな雰囲気で、中でかかってる音楽がかっこいい。行った時はMoses Boydというのがかかってました。Shazamってみたけどいいね。
20170206074756b41.jpeg
ついに見ちゃうぞ〜〜
20170206074805028.jpeg
内装もアールデコらしい意匠が。

Dalstonってどんなところかな…と思ってたらハックニーの少し西の辺り?なのでやばい。マーケットがあったけど「スられる気しかしない(フォロワーさん談)」なカオス地帯だった。まあオシャレなカフェとかも所々にあるけど、ヤムイモや魚や携帯がゴタゴタ置かれた店がいっぱいあった。
201702060748208a4.jpeg
名画「自転車泥棒」のポスター。ハックニーでは1日3台も自転車が盗まれてるんだってよオイ!!

2017020607533767e.jpeg
20170206074754bca.jpeg
ハックニーよりちょっと西のThe Wilton Way Cafe。しゃれおつ。入り口に看板もなくてこれは本当にカフェか?って感じでしたけどお茶もベジーバーガーも美味でした。

17:30の回だったんですが、その頃に行ってみると人が多い多い。ウワッ客層が全然地元と違う!どっから湧いて出たんだ!という感じの、いかにもインディペンデント系シネマが好きそうなアーティスティックな雰囲気の人が沢山。評判がいいからリピーターが多いんでしょうね。ただ開演ギリギリになっても(というか予告編の間じゅうも)ペチャクチャ喋るんだなみんな。こっちは映画館をてめえのリビングルームと勘違いしてるような客が多いので、勘弁してくれよと思いますね。でもUKはヨーロッパの中ではまだマシらしいよ。

終わってからも後ろの女の人がアレコレ批評してて、てめえの感想なんか聞きたくねえよという感じでしたけどしょうがないね。できれば平日の昼間に貸切状態で見たいものです。総合的に、やっぱり映画館にいってフルの体験をするにはインディペンデント系シネマチェーンのPicturehouseが一番いいかもな。高いんですけど。音響や画面もいいし観客もそんなにうるさくしないしな……愚痴大会になってない?大丈夫?お薬飲む?

【Manchester By The Sea】

Manchesterとあるけどアメリカのマサチューセッツ州にあるマンチェスター・バイ・ザ・シーという海辺の寒そうな街で展開します。元々はマット・デイモンが主演予定だったけどスケジュールの都合で彼はプロデュースオンリーに。ゴールデングローブ賞では主演俳優賞を受賞、アカデミー賞では最優秀作品、主演男優、助演男優、助演女優、監督、オリジナル脚本賞にノミネートされてます。賞が云々というのはまあ政治的なものもあるだろうけど、映画に限らず世の中の歴史に対して重要な作品が賞を獲ることで後世に残るのはすごいことだよね。あと単純に行方を追うのが楽しいしね。アカデミー賞やBAFTAのオープニングというかイントロダクションの、その年に公開された映画のマッシュアップ動画を見ると不思議な力で目から汗が出る。

ロンドン国際映画祭(LFF)で、あらすじとケイシー・アフレック主演というので気になってたんですけど、プレス上映は満員でダメでした。見たすぎて、映画館で予告編を見るだけで泣きそうになるとかいうわけわからん状態でした。「トリプル9」の主演でも、腐敗したノワール風の街で自分のやり方で正義を守ろうとする警官役が合ってました。でも今回とは全く違う人間に見えた。すげえ。

20170206074815745.jpeg
画像はimdbから。

結論から言うと「泣きながら爆笑する」という不思議な状況になる映画。人の死やどうにもならない悲劇、家族の間の関係という普遍的な題材を扱っていて、今っぽい雰囲気もありつつ何十年後も色あせないストーリー性だろうなという感じでした。ままならないことが沢山起こるし演技にオウッフ………って泣かされるけど、噛み合わないコミュニケーションや「あーあるある」というシチュエーションからくるユーモアが適度に合わさって、お気に入りの一本になると思います。あととにかくケイシー・アフレックがすごい。演技が上手いってこういう人のことを言うのか。なんせ言動や仕草の一つ一つにキャラクターが滲み出ていて、違和感を感じさせない。助演のミシェル・ウィリアムスも自然な演技で我々を泣かせにかかってくる。ウワーッ。ここ最近の「バードマン」「スポットライト」に比べると、総合的なインパクトはどうかな〜〜と思うけど大事にしたい作品です。La La LandもJackieもMoonlightも絶対観に行きたいけど、Moonlightは予告編見た時点で「やべえ……このアクセント絶対聞き取れないやつだ……」と思った。つらい。

以降、印象に残ったシーンやストーリーを書いておきます。あらすじでは出てこないようなネタバレがあるので注意。ネタバレ踏んでも責任は一切負いません。

ケイシー、横顔とかちょこちょこベンアフに似ている。ベン・アフレックマスターのフォロワーさん曰く、「I'm sorryって言うときの発音がお兄ちゃんに激似」だそうです。骨格が似てるから発音も似てるんだ…へ、へえ……

「故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーを離れてボストンで便利屋をしていた主人公が、兄の訃報を聞いて地元に戻り、兄が自分を息子の保護者に指定していたことを知る」というあらすじを聞くともうツボを突いてくる気しかしない。な、なんで故郷を離れたんだ…甥っ子とのギシギシ共同生活か……

いわゆるインディペンデント系映画においてdisられがちな冗長な長回しというよりは、人物の行動を追った必要な長さのシーンが多いなと思いました。冒頭、穏やかな音楽の中に恐らくマサチューセッツ湾の上を走るボートが見える。人物の会話は聞こえない。音楽が途切れ、エンジン音と会話。「……無人島に行くとしたら俺とダディどっちにする?」と自分のスキルを話して聞かせる男性に「ダディ!」と即答する子供の微笑ましい光景を見て、これが主人公・リー(ケイシー)が甥のパトリックに話しかけてる場面かな、回想か。と思う。伏線っぽい雰囲気がバンバンするぞ!

ボストンでのリーの変化のない毎日が映される。雪かき!そして雪かき!便利屋というか配管工というか、いろんな家を回る様子というか家庭の事情が面白くてしょうもねえな〜と笑ってしまう。こ、これはコミュ障だ〜いく先々で予期せぬトラブルを招いてしまうんだろうな〜というのが分かる。トラブルで失職するし。飲み屋に行き、呑んだくれて喧嘩をする。そこに電話がかかってくる。観客に与えられる情報はリーの受け答えだけなので、直接的な言葉はなくて、あらすじからああ訃報かな、というのが分かるけど、動作と削られきった会話だけで話を続けていくのがさすが映画だなと思う。電話のあと一旦家に入るけど、その後出しっぱなしのシャベルを取りに行くところがリアルで笑ってしまう。

マンチェスター・バイ・ザ・シーの病院に向かうリー。フラッシュバックのような細切れの回想が挟まれ、主治医や看護士との長い会話の後に霊安室の兄を見にいく。顔を寄せてキスをするところが欧米だな……と思う(あとベン・アフレックについても想いを馳せる)。

甥は学校でアイスホッケーをしているが、言葉遣いを注意されたりしているところにリーが来る。「え、あれがリーか?」とか言ってる同級生に、なんでそんなに有名なんだ…と思ってしまう。「父さんはどんな風に見えた?」「死んでるように見えたよ、眠ってるみたいとかそういうのじゃなくて」とかいうストレートな会話がツボ。
甥と病院に行き、「君は親のあんな姿を見たくないかもしれない」「じゃあ行こう」→甥、車のドアを開ける。リー、エンジンをかける。→「何だよ!」「病院に入ろうって言ったんだよ!言葉の選び方が悪かったね!すいませんね!(逆ギレ)」というすれ違いが緊迫した雰囲気なのに笑える。父親の遺体を見た直後に踵を返して部屋を出る甥っ子がつらい。

兄の遺言を確認しに行く二人。弁護士とリーが会談するあいだ外で待つ甥っ子。窓の外を見るリーと細切れの回想で、兄の嫁はアル中でドラッグ中毒だったことが分かる。遺言書の文面に目を留めるリー。兄は彼をパトリックの保護者に指定していた。「意味が分からない」「でも特別な絆があったんでしょう」と揉める。「俺にできるはずがないんだ、だって……」回想と窓の外の景色が交互に映される。夜中に友達を呼び、嫁に注意されるリー。友達を家に帰し、深夜にどこかへ出かけていく。コンビニのようなところに行き、物を買い、帰途につく。この辺りで不穏な感じがプンプンするので思わず手元のキャプテン人形を握りしめるらいむ。家の近くに来るとサイレンが鳴っている。そしてリーの家には火が……

20170206074751631.jpeg

思わずニギニギしました

それまでの回想でリーと奥さん、子供たちの仲睦まじい様子が映されていたために、二人の間には何があったのか?と疑問に思う観客への答えがここに。つ、つれえ………夜が明けて妻は失神し、酸素マスクを付けられて救急車に運び込まれる。ストレッチャーがうまく入らなくて試行錯誤する様がリアルでやり切れない。子供たちの遺体袋らしきものが瓦礫の中から運び出され、思わず崩れ落ちるリー。スローモーションで会話はほとんどないが、想像は容易にできる。

弁護士を後にする二人。葬儀屋は他の街まで行かないとない。「ここにはないの?」という甥に「ない」と即答するリーに、ああ前にもしたことがあったんだな…と思い出す。だが葬儀はできそうにない。
「父さんの遺体はどうするの?」「しばらく(霊安室で)冷凍される」「マジ?父さんを冷蔵庫に入れるっていうの、あんまり好きじゃないな」「仕方ないだろ」飄々としたやり取りの中に伏線が……それから甥っ子パトリックの彼女(二人目)とその母親に会ったりなんやりするリー。パトリック君、君のバンドもパッとしないから多分やめたほうがいいと思うよ。リア充……

しばらくパトリックと兄の家に滞在しているリーは度々過去のことを思い出す。出火の原因は、リーが家を暖めようと薪を暖炉に入れてから、蓋をしていなかったためだった。警察で話をするが、事件性はないので解放されるリー。去り際に警官の銃を抜き、自分のこめかみに当てようとして取り押さえられる。この瞬間がつれえ!!アァーーー!!死なせてやってくれ頼む!!
回想にふけっていたリーは衝動的に家の窓ガラスを割る。多分この映画で1、2を争う好きなシーン。ワイも素手で窓ガラス割って出血したい。
それから甥に友達や彼女を家に呼ぶのを禁止したりギクシャクし始める。リーが彼の保護者になるにはボストンに行かなくてはいけない、というので今の生活を捨てたくない彼は反発する(でもパトリック君、多分ここの君の生活部外者から見るとパッとしないから行ったほうがいいと思うよ)。
パトリックが冷凍庫を開けるとストックしていたチキンがドサドサと下に落ちる。ギュウギュウなのでどう入れてもうまく扉が閉まらない。やけになって無理やり閉めたパトリックは胸を押さえて泣き始める。そこにリーが来る。「どうした」「分からない、パニック障害だと思う、父さんを冷凍庫に入れてるっていうのがキツいんだ。大丈夫だからそっとしてくれ」「大丈夫じゃない!医者呼ぶか?!」「いいから、一人にしてくれ」と自分の部屋にこもるパトリック。ドアの外から「医者呼ぶか?冷凍チキンを見るたびに泣くっていうのは明らかに大丈夫じゃないだろ」と叫ぶリーに「一人にしてくれ」と返すパトリック。うん分かるよ、別にチキン自体のせいで悲しいわけじゃないけど、全く関係ないもののせいで泣き出したりするし、別に泣きたくて泣いてるわけじゃないんだ…放っておいてやれよ……でも心配になるのも分かる…
「ドアを開けてくれ」「いやだ。ほっといてくr」→ドアバーン!叔父さんドーン!! で泣きながら爆笑した。ドア蹴破るケイシー・アフレックとか完全にアクション映画。あと「君が冷凍チキンを見るたびに泣くようじゃ大丈夫じゃない」の言い回しもツボって爆笑した。疲れたように椅子に座り込んで「頼むから一人にしてくれない」と聞く甥に「嫌だ」と言うリー、泣く…やめて……

あとなんやかんやでお葬式のシーンや改心したパトリックの母親と新しい夫にパトリックが会いにいくシーンもあって、笑ったり気まずくなったりする。

回想でリーがボストンの新しいアパートに引っ越した直後、部屋を見に来た兄と幼いパトリックが「家具を買いに行こう」と提案する。「いらない」と言うリーに、「これじゃ家とは言えない。買いに行こう」と言い続ける二人。結局リーが折れるんだが、このシーンが切ないし兄貴……ってなる。

ラスト付近、リーと元奥さんのランディが道で出会い、「ランチに行けない?」と誘うリー。どうにか話しているが、「あなたにひどいことを言ったのは本当に悪かった……」と泣き出してしまう。もうここでつられて泣くよね。レイチェル・ウィリアムスはすごい。ランチは実現せず、おそらく二人はしばらく会うことはない。

その後リーは呑んだくれて飲み屋で喧嘩を始める。怪我を一家の友達であるジョージと妻に診てもらい、パトリックのことについて話す。ここの会話も音声は聞こえないので、我々は想像するしかない。
父親の形見のボートを手放したくないパトリック。猟銃が並ぶ部屋に入っているリーに「何を撃つんだ?俺?それとも自分?」と皮肉を言うパトリックに、これを売ればボートをキープできると提案するリー。ジョージ、パトリックや彼女とボートに乗り、一人で海を見ながら歯を見せて笑うリー。って書くと私の文章力のせいでサイコパスみたいだけど穏やかなシーン。

夜、パスタソースを火にかけているうちにうたた寝してしまうリー。「パパ、私が燃えてるのが分からない?」と話しかける娘の幻影を見て起きるリー。「リー叔父さん、この匂いは?」と聞くパトリックに返事をするが、もうこれつらすぎる。ままならねえ……
夕食を食べながら、リーは自分がボストンで再び職を得たこと、ジョージと妻の子供はもう家を出たことを告げる。ジョージが保護者になるの?と聞くパトリックに、「養子にするんだってよ」と告げるリー。「叔父さんはなんでここにはいられないんだよ」と思わず泣き出してしまうパトリックのところに回ってきて抱き締めるリーに全私が泣いた。スタンディングオベーション。つらい。
春が来てようやく兄を埋葬する。ラストシーンはオープニングと同じようにボートに乗っているリーとパトリック。ハァ……2時間超あるけど、全然長さを感じなかった。もっと見たかった……つ、つれえ……と思うけどウィットに富んだ会話とかでまろやかになるかと思うけどやっぱりつらい(結論)普遍的な悲しみと、それを乗り越えていくのを描いた静謐な作品でした。とにかくケイシーがすごい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。